木造建築の長年の汚れを昔ながらの伝統工法で木部に染み込んだ汚れを取り除き、木が本来持っている美しさを蘇らせます。
木部の汚れに適した濃度の灰汁を使って汚れを落としその後、酸性の薬品で中和させて仕上げます。
木部に優しい濃度の薬品を使って洗いますので木肌を傷めずに仕上げる事ができます。
洗った後は新築には無い、落着いた色合いと艶が木部に現れます。